9-2-1

今日は、とってもワクワクする
“墨”との出会いがありました。

古梅園さんの
松煙墨 「極上いきまつ」。
1988年寒製。
“墨”のお年頃!?です。

艶があって
とっても魅力的な色を
出してくれるのでしょうね。

この、「極上いきまつ」
仕事の合間に立ち寄った
大分県中津市にある
書道具屋さんで勧めていただきました。

豊前時代からだから
もう何年のお付き合いかしら…

最近は、忙しくてどこの業者さんにも
電話でお願いすることばっかりで

「なんか最近、お道具のお勉強
サボってるんじゃないの?」と
反省してたところでした。

平城遷都の関係で
今は、古梅園さんが
蔵にある、いろいろな珍しい墨を
市場に出してあるということでした。

私は、秋に京都に行く予定があります。
折角だから、奈良まで足を伸ばして
古梅園さんのお店に行きたいんだけど
時間的に厳しいだろうなあ..

今日は、同じ「極上いきまつ」で、
10年後に製造されたものも購入してみました。

今は、時候柄(温度 湿気etc…)不適ですが、
寒くて私自身にこころのゆとりのある時に、
ゆっくりと“墨”の
『10年の歴史』を、すりくらべてみたいと思います。

やっぱり、お道具というのは
偶然の出逢いのなかで
実際に自分の手に触れて、
選ばせていただくのがbestですね☆

私の「作品創り」の
大切なstaffですものね♪

今日は、久しぶりに
お店の方とお話しましたが
このHP(作品)もみていただいてる
ということでした。

どうもありがとうございます。

子どもさん達も
大きくなられてて,
ご成長が楽しみでしょう☆

また寄らせてくださいね♪

                      KOU