TOKYO TOWER

ありきたりですかねぇ。。
『 TOKYO TOWER 』

篆刻講座の余韻も覚めやらぬまま

翌朝には
東京行きの飛行機に乗っていました。

早々にホテルにチェックイン。

道具を引っ張り出して
終わらない
『かな半紙』の提出課題に
頭を抱えておりました。

そんな時、
ふと部屋のロールカーテンを
開けてみると

窓の外には
“TOKYO TOWER”が!

(写真で見えるかなあ。。)

雲の隙間から
ふりそそいでいる

光のSHOWERに
またさらに感激!!

いつも同じホテルに
泊まっているのですが

私は、高価な
TOWER側のお部屋は
予約しておりませんので

多分ホテル側のご配慮で
アップグレードしてくださったのでしょうね。

かなの師からも
とても親切に
ご伝授いただきましたし

またまた
皆さまに良い気を
沢山いただいて
福岡に戻ってきました。

でもでも
まだ私は、相変わらず
『かな半紙』課題と
闘っています。

それなのに
無謀にも
『百人一首』を
書き始めてしまいました。

お披露目ですか?

“新緑の頃”に
少しだけでも
できるといいんだけど。。
             KOU